<< 日本画家土光洋子さんの個展 | main | 劇団ONEの「夜叉ケ池」を観に行った。 >>
外の世界との往還


森美術館館長の南條史生氏がSICF15で同じようなことを言っている

ーーーーーーーーー

 

いままでのアートのルールを壊して何をするか

それが新鮮に見える。

そして時代と繋がってくる。
 

ただ楽しく作っている世界だけではすまない。

自分に対して批評家を持たないといけない。

自分の中に批評家を持たないといけない。

他の人が何を作っているかを知らなければいけない。
 

外の世界との往還、行ったり来たり

現実と自分の世界の間を

しょっちゅう行ったり来たりしながらものを作っていかないと、

現実とリンクを持たないものになってしまう。

ーーーーーーーーー

 

sugi-yuki / 日記 / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする